2010年08月25日

僕と私の勉強法 (1)勉強する意義

仕事上のスキルアップ、ライセンス取得、ライフワーク探し等、いまや大人にこそ勉強が必要な時代。
学校の勉強が嫌いだった人でも遅すぎることはない。

学ぶために必要な能力を身につけ、そのためのテクニックを知れば、能力主義の競争社会をサバイブし、また、何歳になっても知的に若々しく人生を楽しむことができる。

IT時代の頭の良さとは?
もはや、一流大学を出ても、地位はおろか、食べることすら保証されなくなってしまった。
老後の保障もあやふやなものとなってしまった。
また、収入の問題もさることながら、長寿化のため定年後、20年は生きることになる。

かつてのライフサイクルのモデルが通用しなくなった。
しかし、実は意外に簡単な解決方法がある。
それは「勉強」することである(ちょっと、いや、かなり強引だが)。

歳をとっても、知的で、若々しく、しかも人生を楽しめる可能性だって高まる。



●高度情報社会、能力主義社会での勉強のメリット

勉強するにあたって意外に大事なことは、「動機」である。
動機がなければ、勉強する気になれないし、持続できないというのは、子どもに限ったことではないだろう。

勉強するための動機としては、海外へ転勤が決まった、上司がアメリカ人になった、などで英語を学ばざるを得ないようなこともある。

あるいは「頭のキレ」を発揮するためにも、様々な知識が必要となる。
考える材料となる情報や知識をたくさん持っているほうが有利になる。



●できる人から学ぶ姿勢

独創性が強調されるあまり、人の真似をするとか、人から学ぶというやり方では、これからの時代に通用しなという議論が少なくない。
しかし、独創性はないが、できる人から学び、できる人に追いつけ、追い越せ、得意なのが、日本人の能力特性だとしたら、それを活かさない手はない。



●できる人のノウハウをどうモノにするか

周囲にできる人がいない場合でも(これはこれで、痛いが)、これは凄い、とか、こういう人になりたいというモデルがいれば、著書やセミナーに自分から近づくことだ。



●高齢になっても楽しめるものを選ぶ

高齢になったら、力いっぱいやりたいことなども今から勉強するとよい。
競争社会・能力主義の文脈でも、高度情報社会の文脈でも、そして長寿・高齢社会の文脈でも、勉強は必ずあなたの身を助けることだろう。





■ホーライのブログ集
http://knowledge-forest.seesaa.net/

■医薬品ができるまで
http://chiken-imod.seesaa.net/

■ホーライ製薬
http://horaiseiyaku.seesaa.net/

■ハードボイルド・ワンダーランド日記
http://hard-wonder.seesaa.net

posted by ホーライ at 05:32
"僕と私の勉強法 (1)勉強する意義"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。